米国株か全世界株か

米国株全世界株
どちらがよいのでしょうか?

どちらがもうかるか、という観点で結論は出せません。
未来の株価がどうなるか、誰にも分からないので。

どちらがあなたと相性がよいか、という観点はシンプル。
この先も米国一強がずっと続くと確信を持てるか、これだけです。

  • 米国一強が続くと思えば米国株
  • 時代は移り変わるものと思えば全世界株

米国株か全世界株か。
とても悩ましい問題です。
それと同じくらい大事なのが、投資目的とリスク許容度。

この記事では、米国株派と全世界株派の主張を解説します。
その後に投資目的とリスク許容度から、銘柄選びよりも本質的な問題に触れます。

どちらの方がもうかるか。
そこに目を奪われている人に、ぜひ読んで欲しい内容です。

スポンサーリンク

米国株派の主張

米国株派の主張

2010年代から現在にかけて絶好調の米国株。

なぜ米国株を選ぶのか。
米国株派の主張は以下の通り。

  • 世界トップの経済大国だから
  • 全世界株より米国株の方がリスクが低いから
  • 全世界株より米国株の方が安全でコストが安いから

【主張1】世界トップの経済大国だから

世界トップの経済大国、米国。
経済規模も成長スピードもダントツです。

米国を米国たらしめる理由は3つ。

  1. 全世界でGDPトップ
  2. 主要先進国の中で人口増加率が最も高い
  3. 主要先進国の指数を比べてもダントツでトップ

それぞれ詳しく見てみましょう。

全世界でGDPトップ

G7と中国・インドの実質GDP
各国の実質GDP(G7+中国・インド、米ドルベース、単位:十億ドル)出典元:IMF統計から作成

IMFにデータがある1980年からずっと、米国が全世界でGDPトップです。
※IMFとは国際通貨基金(International Monetary Fund)のこと。

主要先進国の中で人口増加率が最も高い

G7の人口
各国の人口(G7、単位:千人)出典元:国際連合統計から作成

主要先進国の国々は、人口増加が緩やか、もしくは減少傾向です。
その中で米国だけが、順調に人口を伸ばしています。

※G7とはGroup of Sevenの略。カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成される。

主要先進国の指数を比べてもダントツでトップ

各国主要指数のチャート
各国主要指数のチャート(青:米国 S&P500、緑:ドイツ DAX、黄:フランス CAC40、橙:日本 TOPIX、米ドルベース)引用元:TradingView

ここ50年のチャートです。
フランスやドイツ、日本がかすんで見えるほど、米国は圧倒的ですね。

【主張2】全世界株より米国株の方がリスクが低いから

投資では標準偏差でリスクを測ります。
実際はどうだったのか、比べてみましょう。

比較するのは、バンガード社のETF2本。

  • 米国株ETF:VOO

    連動する指数:S&P500

  • 全世界株ETF:VT

    連動する指数:FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

理論的には分散したほうがリスクが下がるのですが・・・。
※ここでいうリスクとは、リターンの振れ幅のこと。リスクが下がるとチャートの動きが穏やかになる。

過去10年の標準偏差
  • VOO:13.55
  • VT:14.16

過去10年の標準偏差を比べると、全世界株の方がリスクが高いという結果に。

ここ10年だけで見れば、米国株の方が安定していた、ということです。

【主張3】全世界株より米国株の方が安全でコストが安いから

全世界株は先進国や新興国を含む、50カ国程度で構成されています。

新興国の中には以下のようなカントリーリスクを孕んだ国々も。
※カントリーリスクとは、その国特有の事情で、企業の業績が悪くなるリスクのこと。

  • 株主を保護する法整備が未熟
  • 経済が不安定で会社が倒産しやすい
  • 政治情勢が悪く市場に悪影響を与える

米国には新興国ほどのカントリーリスクはありません。

次は信託報酬を比較してみましょう。

信託報酬
  • VOO:0.03%
  • VT:0.08%

多くの銘柄を扱う全世界株より、銘柄数が少ない米国株の方が安いです。
※VTは約9,000銘柄、VOOは約500銘柄で構成される。

信託報酬でどれくらい差が出るのか、具体例を見てみましょう。
VOOとVTの年利をどちらも4%として、元本100万円を10年間保有したら・・・。

  • VOO:1,475,980円
  • VT:1,468,897円

その差はおよそ7,000円。
信託報酬には倍以上の差があるものの、どちらも十分に低いので、気にするほどではありません。


信託報酬を比べるために年利をどちらも4%としました。
しかし過去10年の実績は、VOO15.32%、VT10.44%と大きな開きがあります。
それを加味して、元本100万円を10年間保有したら・・・。

  • VOO:4,159,550円
  • VT:2,699,380円

なんとその差は約150万円!

全世界株は、米国株には無い危険性があり、コストも高い。

にもかかわらず、ここ10年のリターンは米国株以下。

となればもう、米国株しかありえない!
これが米国株派の主張です。

全世界株派の主張

全世界株派の主張

次は全世界株派の主張です。

ここ10年、米国株が絶好調だったのは事実。
ではもっと長いスパンで考えるとどうでしょう。

全世界株派の主張は以下の通り。

  • 米国一強が続くとは限らないから
  • 米国経済も停滞するタイミングがくるから
  • 自動的に最適なポートフォリオに修正されるから

【主張1】米国一強が続くとは限らないから

1899年から2017年までの時間経過と株式市場の関係
1899年から2017年までの各国の株式市場の規模 引用元:Credit Suisse Global Investment Returns Yearbook 2018

ひとつの国が栄え続けることはなく、いずれ時代は移り変わります。

ここ120年、米国一強の時期がかなり長いですが・・・。
1900年は英国に、1990年は日本に勢いがあったり。
経済には波があります。

そして米国の覇権に陰りが見えるシグナルが2つ。

  1. GDPが中国に抜かされそう
  2. 米国の人口増加率は低下

どんなデータが出ているのか、見ていきましょう。

GDPが中国に抜かされそう

米国と中国のGDP
米国と中国の実質GDP(米ドルベース、単位:十億円、2021年以降は推計値)出典元:IMF統計から作成

米国が全世界でGDPトップなのは事実。
ですが今のペースだと近い将来、中国に抜かされそうですね。

米国の人口増加率は低下

米国の人口増加率
米国の人口増加率 出典元:IMF統計から作成

主要先進国の中で、米国の人口と人口増加率はトップです。
ですが人口増加率は徐々に下がっています。

グラフからも右肩下がりになっているのがわかりますね。

【主張2】米国経済も停滞するタイミングがくるから

S&P500の2000年から2013年のチャート
2000年から2013年のS&P500のチャート。2000年に高値掴みすると株価回復まで13年かかった。引用元:TradingView

2000年代のITバブルからリーマンショックにかけて。
約13年間に渡って、米国株は完全に停滞していました。

BRICsの勢いに押され、投資家からも見限られて・・・。
BRICsとは、Brazil・Russia・India・Chinaの頭文字を合わせた造語。

米国株といえど、常に成長し続けているわけではありません。

【主張3】自動的に最適なポートフォリオに修正されるから

各国の株式市場のサイズの比較
1900年と2017年の各国の株式市場サイズの比較 出典元:Credit Suisse Global Investment Returns Yearbook 2018から作成

全世界株は時価総額加重です。
つまり勢いのある国には多く衰えてきた国には少なく投資する。
これが自動的に実現できます。

もし1900年に全世界株があれば、1/4は英国に投資されていました。
今は過半数が米国に投資されています。

そして将来、世界のパワーバランスがどう変わっても。
自動的に、最も市場規模が大きな国に、一番多く投資できます。

市場が完全にランダムウォークだとしたら。
どの国が成長するか考える必要すらない全世界株は、とても魅力的です。
※ランダムウォークとは、株価の値動きは予測不可能という考え方。

ここ10年の実績は米国株の圧勝、しかし株価は平均回帰する

2011年から2021年のVOOとVTのチャート
2011年から2021年のVOOとVTのチャート(青: VOO、橙:VT)引用元:TradingView

ここ10年、米国株は圧倒的な成長を見せました。

しかし株価は平均回帰します。
暴騰・暴落はそう長く続きません。

S&P500の利回りを見てみると以下の通り。

S&P500の利回り
  • 1941年~2020年:約8%
  • 2010年~2020年:約13%

ここ最近の成績が特別なのが、一目瞭然ですね。
長期視点では、約13%あった利回りが、8%前後に回帰していくでしょう。

かといって、全世界株の方が良い!というわけじゃありません。
どちらが正解という話ではなく、考え方の違いがあるだけです。

  • 成長性が高い米国株でリターンを追求するか
  • 保守的な全世界株で安定を求めるか

あなたはどちらが好みですか?

スポンサーリンク

米国株派と全世界株派の主張を見てきました。
両者の主張を比べると、どうしても株価やリターンに目を奪われがちです。

本質的に投資で重要なのは以下の2つです。

  1. 投資目的に合った手段を選び
  2. リスク許容度の範囲内で投資する

銘柄選びは手段でしかありません。

上昇相場の誘惑に負けないように。
今一度、投資目的とリスク許容度を考えてみてはどうでしょうか。

目的に合った手段とリスク許容度の範囲内で投資しよう

目的に合った手段とリスク許容度の範囲内で投資しよう

人はなぜ長期投資に失敗して損するのでしょうか。
理由は簡単。

  • ファンドをコロコロと乗り換えるから
  • 暴落局面でろうばい売りするから

ではどうやって対策すればよいのでしょうか。

  • 腰を据えてひとつのファンドを持ち続ける

    米国一強がずっと続くと確信を持てれば米国株
    少しでも不安があれば全世界株

  • 投資目的に合った手段を選ぶ

    目標金額が高く、少しでもリターンが欲しければ米国株
    老後資金を保守的に運用したければ全世界株

  • リスク許容度の範囲内で投資する

    長期投資では必ず暴落局面に巻き込まれると考える
    資産が半額になっても平常心を保てる範囲内で投資する


ここ最近は米国株が優秀でした。
ですがこの先どうなるかは誰にもわかりません。

米国株か全世界株か。
悩ましい問題の、判断基準はシンプルにひとつです。

この先も米国一強が続くのを信じられるかどうか。

  • トータルで米国トップは揺らがない確信があれば米国株
  • 少しでも不安要素があれば全世界株

あなたはどちらに将来性を感じますか?

参考サイト

記事執筆にあたり、参考にさせていただいたサイトの一覧。